スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

スイングの上下のずれを修正する方法

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】
  • 来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
  • 一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
  • どんな車も高価買取
  • 全国どこでも引取り・手続き無料!

詳しくはこちらをクリック





ゴルフスイングの上下のずれを修正する方法

スイングの高さがずれないようにするには、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰の高さを回転させる必要があります。

 

ゴルフスイングにおける上下のずれは、大きく分けて2種類あると言われています。

 

・ひとつはバックスイングで身体が沈みこんでしまい、ダウンスイングで伸び上がってしまうずれです。
原因はバックスイング時に、ボールを見すぎることにあると言われています。
頭を動かしてはいけないという意識が強すぎるため、右肩が落ちてしまい顔がボールに近づいてしまうようです。

 

頭はトップからダウンスイングにかけては動かさないほうがよいのですが、バックスイング時は無理に固定しなくても良いと思います。
高さを変えない限り、バックスイング時に頭が動くことは問題ないようです。

 

・もうひとつは、伸び上がったあとに沈み込んでしまうずれです。
ずれを直すためには、バックスイング時に右足の内側に力を入れてみるとよいかもれません。
右足の内側に力を入れることにより、アドレス時の位置と高さを変えずに腰を回転させることができるようになります。

 

逆に言うと、腰の高さを変えずに上体をひねることができれば、トップでも右ひざの角度はアドレス時と同じものになっているはずです。

 

ゴルフスイング中にどうしても腰の位置が変わってしまう人は、他の人にクラブのグリップエンドで腰を押してもらい、その高さを変えずにスイングする練習をしてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ