スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

ゴルフ初心者はどんなクラブを揃えるとよいか?

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】
  • 来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
  • 一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
  • どんな車も高価買取
  • 全国どこでも引取り・手続き無料!

詳しくはこちらをクリック





ゴルフ初心者はどんなクラブを揃えるとよいか?

いざゴルフをするとなれね、もちろん、クラブを揃えなければいけないと言えます。

 

では、どんなクラブを揃えれたら良いのでしょうか?

 

ゴルフのクラブは十四本までコースに持っていく事が出来ますが、全て同じタイプのクラブを持っていても意味がありません。

 

それぞれのクラブの特徴を把握して揃える必要があると言われています。

 

・ウッド
・アイアン
・パター

 

この三つの特徴を把握して、自分に合ったものを購入するかレンタルしてください。

 

まず、ウッドかといって、これは遠くに飛ばすために必要であるクラブです。

 

ウッドのなかでも、第一打で使用するドライバーと飛距離が異なるフェアウェイウッドが数種類あるようです。

 

これを状況によってつかい分けましょう。

 

次に、アイアンは、ウッドと比較して薄い形をしています。

 

ウッドが飛距離重視なら、こちらは正確性を重視しており、いかに狙ったところにうてるかに重点において作られているクラブです。

 

アイアンには、バンカー脱出用のサンドウェッジもふくまれています。

 

おわりに、パターですが、これは飛ばすものではなくて転がす専門ですので、グリーンの上でしか使えありません。

 

最初から14本持っていく必要はないでしょうから、自分に適したものをじっくりと選択してみて下さい。

ゴルフの基本ルール

ゴルフの基本ルールって知っていますか?

  • 基本的なルール
  • コース

この2つに分けて御紹介していきます。

 

:基本的なルール
スタートからドライバーやアイアンなどのクラブを使って、ティーアップしたボールを打ちます。

 

グリーンといったゴール地点にある穴に、少ない打数でボールを入れるのを競うスポーツです。

 

1試合は、普通18ホールで構成されていて、この合計打数で勝敗を決めます。

 

合計打数を競うルールのほかに、ポイントを争うルール、マッチプレイと言うルールもあります。

 

:コース
コースについては、始めにボールを打つ場所をティーグラウンドと言い、ここで打つ第一打は、ティーの上にボールを乗せます。

 

グリーンは芝生になっていて、ゴールの穴が開けられています。

 

ここには、グリーン穴の位置が分かるように旗が立っており、グリーンの中に存在している穴にボールを入れれば、そのホールは終了です。

 

また、ティーグラウンドとグリーンとの間にあるのが、フェアウェイとラフです。

 

フェアウェイは芝が整備されていて打ちやすくなっていますが、ラフは芝が伸びて打ちづらいと言う特徴があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ