スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

パットの距離感をつかむ練習方法

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】
  • 来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
  • 一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
  • どんな車も高価買取
  • 全国どこでも引取り・手続き無料!

詳しくはこちらをクリック





パットの距離感をつかむ練習方法

距離感をつかむことができず、パットが上手くいかないという人も多いです。

 

パットにおいて距離感は重要なので、この問題を解決しないとなかなか上達しません。

 

では、どのようにして距離感をつかめばいいのでしょうか?

 

距離感をつかむには、パターを持たずにボールを転がすという練習方法がおすすめです。

 

まず、この距離が苦手というところまで離れていき、そこからパターを持たずに手でボールをカップに向かって転がしてください。

 

これを何度か繰り返して、距離感をつかみます。

 

上手くいくようになったら、パターを持たずに構えて、また、手でボールを転がしてください。

 

これもできるようになったら、次はカップを見ないで転がします。

 

もし、上手くいくようなら距離感がつかめている証拠です。

 

それできちんと転がせるようになったら、今度はパターを持った状態で、始めから同じことをしましょう。

 

このように、距離感が分からない場合は、パターを持たずに練習すると、感覚を養うことができます。

パターの方向性を出すポイント

パターにおいて方向性は非常に重要なことです。

 

方向性を磨かないと、パターは上達しません。

 

では、どのようにして磨けばいいのでしょうか?

 

方向性の磨き方

  • フェースの芯で打つ
  • パッティングのフォームが重要
  • 手首を使わない

 

まず、フェースの芯で打つというのが非常に大切です。

 

そのためにも、ヘッド軌道を真っ直ぐ引きましょう。

 

このことを意識するだけでも、方向性は格段にアップします。

 

また、パッティングのフォームを軽視していると思うように入りません。

 

方向性をアップさせるには、パッティングのフォームにこだわりましょう。

 

構える際、ハンドファーストの状態にすると、方向性が改善します。

 

そして、よく言われているのが、手首を使わないということです。

 

これもパットにおいて非常に重要なことで、手首を使ってしまうと方向性を安定させることができません。

 

手首を使用せずに、両腕で打つという感覚で打ってください。

 

これらのポイントを押さえれば、方向性が養えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ