スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

ドライバーの苦手克服法

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】
  • 来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
  • 一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
  • どんな車も高価買取
  • 全国どこでも引取り・手続き無料!

詳しくはこちらをクリック





ゴルフレッスンで苦手を克服する

苦手を克服したい場合、ゴルフレッスンを受けてみるのもいいかもしれません。

 

ゴルフレッスンを受けることによって短期間で苦手を克服できる可能性があります。

 

ゴルフレッスンのメリット

  • 確実な技術が身につく
  • 分からないことを質問できる
  • モチベーションを維持しやすい

 

一番の魅力は確実な技術が身につくことです。

 

自己流で練習するとおかしなフォームで固定されてしまったり、間違った知識を覚えてしまうことがあり、それが苦手を作っている原因という場合もあります。

 

先生に習うことで正しいフォームと知識を身につけることができ、苦手を克服しやすくなるはずです。

 

分からないことを質問できるというのも大きいです。

 

独学での練習だと誰にも聞くことができないので、苦手を克服できませんが、レッスンを受けることでその疑問をすぐに解決できます。

 

他の生徒と一緒に習うことでモチベーションを維持でき、苦手なことを克服しようという気持ちを強く持ち続けることが可能です。

 

上手くいかないと嫌になってしまいますが、他の生徒と一緒だったり、先生が熱心に指導してくれる環境下なら、高いモチベーションを維持しやすいと思います。

ドライバーショットの苦手克服法

ドライバーがどうしても上手くいかないという人もいるでしょう。

 

では、どうやって苦手なドライバーを克服すればいいのでしょうか?

 

ドライバーが苦手な場合の克服法

  • 芯でとらえることに集中する
  • 自分の手で打つイメージ

 

ドライバーが苦手な人は基本的に芯でとらえることができていません。

 

つまりは、ミート率が悪いということです。

 

ミート率が悪いと飛距離が伸びませんし、自由にコントロールすることもできません。

 

そのため、芯でとらえる練習を何度も行ってください。

 

ゆっくりとスイングして、芯でとらえるという練習がおすすめです。

 

徐々に振りを早くしていけば、普通にスイングした時でも芯に当てられるようになります。

 

また、クラブヘッドで打つイメージではなく、手で打つイメージを持った方がいいかもしれません。

 

そうすることでワキが自然に締まり、ドライバーでのショットが成功しやすくなります。

 

どちらにしろ、すぐに克服するのは難しいので、練習を何度も行うことが重要です。

ロングホールの苦手克服法

ロングホールが苦手という人は多いと思います。

 

では、どうやってロングホールを克服すればいいのでしょうか?

 

その克服法は意外と簡単なことです。

 

距離を分割して、無理のないゲームプランを立てればいいだけです。

 

ロングホールが苦手な理由は距離の長さですよね?

 

少しでも遠くに飛ばさないといけないというプレッシャーに負けてしまって、上手くいかない人が多いです。

 

そのプレッシャーから解放されるためにも自分の打てる距離を把握した上で、距離を分割してプレーしましょう。

 

パーオン狙いを最初から考えず、着実なプレーを意識してください。

 

そうすることによって大叩きはしなくなるので、最小限のリスクでロングホールを回ることができます。

 

つまり、プレー前からダブルボギーを覚悟しておけばいいのです。

 

無理な距離で分割せずに、このくらいなら飛ばせるという距離で分割してください。

 

ゴルフは頭を使うスポーツなので、やり方や考え方次第でスコアを伸ばすことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ