スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

ゴルフスイング テークバックの始動

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】
  • 来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
  • 一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
  • どんな車も高価買取
  • 全国どこでも引取り・手続き無料!

詳しくはこちらをクリック





ゴルフスイングのリズム テークバックの始動

ゴルフスイングにおける上手なリズム作りで大切なことは、テークバックの始動時にあります。

 

ゴルフスイングを始める前は、上体をリラックスさせましょう。
両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する時は両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。

 

そしてクラブヘッドを低く引いていきます。
低く引くとは、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように引くと言うことです。
この時、腕や手に力が入ってしまうと、ヘッドが持ち上がってしまうためリズムが崩れてしまいます。

 

テークバックは腕や手の動きを意識するのではなく、腰や肩をはじめとした上半身の動きを意識してください。
腰や肩を動かした時、頭の位置を固定しようとする意識が働くと上半身のスムーズな動きを妨げる事になるので、上半身の回転に合わせて頭も自然に回転させましょう。

 

ゴルフスイングで大切なことは、腕や手の力に頼ることではなく、上体を一体化させて回転させて「ひねりの力」を利用することにあります。
そのためにはリズムよく、スムーズに上半身を回転させる必要があります。

 

スムーズな回転とは、一定の速度で身体が回転することです
テークバック時に身体が早く回転してしまったり、ダウンスイング時に身体が早く回転してしまう時はスムーズに回転していない証拠です。

 

ゴルフスイングをする時、一定のリズムを得るために頭のなかで「チャーシューメン」と唱えていた人もいたみたいですよ。
1度試してみてはどうでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ